Walk in home VR【ウォークインホームVR】夢ハウスバージョンとは?

郷の家・tumiki・木のひらやの規格住宅がVRとして再現できます。

また、Walk in home【ウォークインホーム】夢ハウスバージョンで作成したプラン図を基に本格的なVR(バーチャルリアティ)の空間を作成します。(自由設計)

VR制作の流れ①Walk in home【ウォークインホーム】夢ハウスバージョンでプランを作成

入力動画はこちらから↓

②Walk in home V-ray【ウォークインホームV-Ray】で高画質なパースにレンダリング

V-Rayとは?世界標準の高性能レンダリングシステムです。Walk in home VR【ウォークインホームVR】夢ハウスバージョンでは、よりリアルするためV-Rayを採用しました。

③Walk in home VR【ウォークインホームVR】夢ハウスバージョンで②で作成したモデルをVR化

VR化する際には、Unreal Engine(アンリアルエンジン)を採用しました。Unreal Engine(アンリアルエンジン)とは、世界で50%以上のシェアを誇るVRエンジンです。主にゲームソフト業界ではほとんどがこのエンジン似て制作されています。

②から③の工程は、ほとんど自動変換することに成功しました。変換ボタンを押すだけで、あとはPCマシンが処理してくれます。(V-Rayレンダリングに2~3時間かかります)

Walk in home【ウォークインホーム】夢ハウスバージョンをお使いのユーザー様は、上記②+③のオプションと機材が必要になります。

(オプション機材)


3mx3m(最低)の空間を用意して、上記機材を配置し、VR空間を作ります。(最大9mx9mのVR空間を再現できます)


【注意】②の②Walk in homeV-ray【ウォークインホームV-Ray】を使用する場合は、ハイスペックPCが必要です。(時価30万円相当)

操作は簡単!!本物と見間違うようなVR空間が出来上がります。
モデルハウスやショールームに常設し、お客様の心をつかんでください。

夢ハウス【木のひらや】VRイメージ

ぜひご検討ください。