FAQ- 04 取り込み編

敷地

三斜求積の入力方法。
    1. 敷地▼三斜求積
    2. 底辺長、始点側長、終点側長を入力>高さは再計算を使用>OK
    3. 基準点をクリック>底辺方向をクリック>頂点方向をクリックする。
    4. 一つ目の三角を作成後、次の三斜の底辺となる基準辺を選択する。
    5. 情報を入力(この時、基準の底辺に書かれている矢印の始点側が始点側長、矢印の終点側が終点側長となる)>OK>この流れを繰り返し行う。
    6. 全て入力が完了したら敷地▼敷地>「~自動生成しますか?」>はい で敷地が生成されます。
三斜求積が生成されない。
三斜求積の場合:敷地▼敷地にすると「~自動生成しますか?」と出てくるのでOKを押すと生成完了です。
又は座標敷地入力や概略敷地入力のレイヤーにデータが残っていると生成されません。
三斜敷地と座標敷地を合わせたい。
1回で合わせる事は出来ません。

    1. 三斜敷地入力>端点作成>敷地削除
    2. 座標敷地入力>端点作成>敷地削除>端点をグループ化
    3. ②を選択>回転移動で②に合わせる。
座標敷地の入力方法
    1. 敷地▼敷地>座標敷地入力
    2. プロパティでX・Yに座標点の数値を入力>敷地生成>敷地▼敷地に生成出来ていれば完成です。
座標敷地が生成されない。
考えられる原因

    1. 三斜求積、概略敷地にデータが残っている。
    2. 座標の始点と終点が重なっている。
2つの座標敷地を合わせたい。
2つのデータを入力する事は出来ないので下記の方法になります。

    1. 敷地Aを生成>敷地を選択>右長押し(ポップアップメニュー)>端点作成(個別)>敷地Aを削除
    2. 敷地Bを生成>敷地を選択>右長押し(ポップアップメニュー)>端点作成(個別)>右長押し(ポップアップメニュー)>回転移動で敷地Aに合わせる >OK
座標データをエクセルから取り込む方法
    1. エクセル→csvファイルへ変更
    2. 敷地▼座標敷地入力>プロパティで[CSV]→①ファイルを参照
PDFデータから敷地を作成出来ますか?
出来ます。

    1. キーボードの「PrtScn(スクリーンキャプチャ)」を押す。
    2. ペイントを開いて「貼り付け」>名前を付けて保存→ファイルの種類をJPEGにして保存
    3. 見取図で読込(方法は別途)
四角形の数値しかわからない敷地を入力したい。
    1. 見取り図>取込み>ファイル>JPEGを指定>OK
    2. 見取図>編集>サイズ設定>フリーグリットにする>スケールを合わせたい一辺を決めて始点・終点を指示>現在の距離が表示されるので数字を変更>OK
    3. 敷地▼概略敷地で入力し、数字を調整する。